このブログを検索

2018/04/22

KIRG monotribe をプチ改造 パート1

KORGのシンセ+ドラムマシン monotribe
 KORGのmonotribeシンセの良さに最近また気がつきましたが、気に入っているもののドラムの音色をいじることができない事から多少いじってみることにしました。

今回は部品の調達から穴開け加工まで書きます。
ちょっと失敗した箇所もあります。

今回やりたいこと

今回のプチ改造では以下の事を目標にしています。(手探りなのですべてやるかは未定)

  1. BDとSDのDecayを変更できるようにしたい
  2. SD(noise)とHHのDecayを変更できるようにしたい
  3. パラアウトしてみたい
ここまでの改造は、基板にガイドがあるのと、作例を紹介しているサイトがあるので多分そんなには難易度は高くないと思います。
基板に親切にコレを使う的な事がプリントされています♪

購入した部品と必要な道具など

秋葉原にある秋月とaitendoにて部品は調達


  • 500Ωの可変抵抗 × 2
  • ON-OFF-ON のスイッチ × 2
  • 配線のためのコード

  • 半田ごてと半田と半田ごて立て
  • ニッパー,ラジオペンチ、ドライバー
  • 電動ドリルとポンチとリーマー
  • 新聞紙といらない雑誌(穴開けのときに散らかさないように)

一番大変?な穴開けと失敗

まずは、部品を取り付けるための穴を開けます。
ですが、その前に分解しなければいけません。

販売終了品ですが、開けると保証対象外ですので、責任はもてません。

ノブを取り外します。(引っ張るだけでOK)

裏側のゴム足を取るとねじ穴が見えます。
コネクタを外すなどして中の基板を取り外します

穴開け加工

自分は3mmのドリルを使って穴開けして

6mmのドリルで穴開けして、足りない分はリーマーを使いました

部品を仮組み
とここまでやって気がついたのですが、赤いスイッチが入ること優先で穴開けしたら、基板が入らない(=場所悪かった)事に気がつきました。位置的にも他のパーツを付けるのも難しいので、ただただ余計な穴を開けてしまった結果となりました。

意気消沈したので、落ち着いてから新たな場所(多分鍵盤側の側面)に穴を開けようかなと考えています。

※ちなみに可変抵抗器の方は問題なさそうです。

↓流しっぱなしなmonotroibe(+Delayなど)で作ったトラック


KORG アナログシンセサイザー monotron DELAY モノトロン ディレイ
KORG (2011-12-10)
売り上げランキング: 1,489


KORG アナログキックジェネレーター volca kick ヴォルカキック
KORG (2016-10-23)
売り上げランキング: 8,739

Behringer VINTAGE DELAY ヴィンテージディレイ VD400
Behringer USA (2008-03-01)
売り上げランキング: 1,718

0 件のコメント:

noise toaster を組み立てて気分いい

MFOS NOISE さんの TOASTER Lo-Fi Noise Box を組み立てました。 このシンセはしっかりとしたアナログシンセで基本的な要素は(多分)含まれていて、ノイズと言う名前が入っていますがしっかりとしたシンセです。 MFOS NOISE TOAS...