このブログを検索

2016/11/17

新幹線での音楽鑑賞をどうするか計画中です


近々、東京から名古屋まで日帰りで行ってくるのですが、新幹線での時間の過ごし方について考えたら、音楽をゆったり聞いていこう!と思いついて最近使っていなかったヘッドホンアンプとプレーヤーを引っ張り出してみました。

Objective2 というヘッドホンアンプ
Objective2 というオープンソースな (ハードウェア) ヘッドホンアンプ。でも自分で作る気は全くなかったので、アメリカは JDS LAB さんから約2年半前に購入したものです。

当時のことはこんな感じで書いています。

Objective 2 (O2) というヘッドホンアンプがアメリカから届きました。
http://www.nekonohou.com/2014/04/objective-2-o2.html





音楽を聴く習慣が変わってから(家ではほぼヘッドホンしない習慣)ずいぶんと触っていなかったのですが、9V電池2つが切れていたこと以外は変わりなく、とても音がいい!

と言いたかったのですが、ヘッドホンが 2000円アンダーなこれなので、いまいち感動したとまではいえませんがゆっくり聞くには悪くないかなと期待してます。

気軽に扱えて意外と疲れにくい1000円台のヘッドホン

プレーヤーはiPhoneでもよかったのですが、せっかくなので専用機として操作がしづらいので使わなくなった FiiO FiiO X1 という音楽プレーヤーを使おうかなと。



せっかくハイレゾ対応なのにハイレゾ音源を持っていないので持ち腐れといえばそうなのですが、このプレーヤーはラインアウトができるところが魅力的です。つまり、アンプに直接つないでしっかりいい感じの音量と音を出してくれます。
※でも家で聞ではヘッドホンアンプがいいせいか音量が大きくてラインアウトは使ってないです。

左から iPhone,FiiO X1,O2。O2はちょっと大きいので普段使いは無理 

ちなみに、最近新しいモデルが出たようです。ちょっと安くなっている感じで操作性もよくなっていそうです。




SONY ステレオヘッドホン  MDRZX310 BQ1
ソニー
売り上げランキング: 16,414




0 件のコメント:

Voumio2 にスイッチを付けた安易な便利なミュージックサーバー

先日購入した raspberry pi zero w は、volumio2 を使った で音楽サーバーとして楽しむことが増えました。どうせならとあり合わせのものを使ってスピーカー内蔵させた一つの箱ものを作ってみました。 「スピーカーを内蔵させた安易な箱入れ」「コードは使...