このブログを検索

2016/11/23

ロッキーが手に持っているボールにあこがれて

今手に入るロッキーが持っていたボール♪
先日ようやく映画の「クリード」を見ました。
もちろん、もっと早く見なかったのか?と思うほどとてもいい映画でした。

その映画の中で気になったところがありまして、映画「ロッキー」の主人公のロッキーが外に持ち歩いたりしている小さなテニスボールみたいなゴムボールを今作でも持っているシーンがありました。

あのボールは何なのか?

適当に調べたら「ハンドボール」または「ウォールハンドボール」というラケットを使わないスカッシュみたいなスポーツで使われてるボールのようです。

ロッキー】 映画ロッキーで、ロッキー・バルボ
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q11165277496

そうとわかれば面白そうだし一つほしくなり、一つ購入しました。
Amazon.comでは黒いボールは見つけられなかったのでハンドボールの公式の色らしい青色のをえらびました。


購入先はアメリカの、Amazon.com(http://a.co/j0FQHdk)。
日本でもウォールハンドボール協会から購入できそうでしたが、メールでのやりとりするので面倒だと思ったのとほかにも買うものがあったので、今回はこちらから購入しました。


約2週間程度で届きました。
※今回は佐川急便から受け取りでした。海外の安めの配送は郵便局と思い込んでいたので意外でした。

競技にも使えるようです。

缶入りボールが雰囲気いいです。

取り出したところです。

外で少々弾ませてロッキー気分を味わいましたが、うれしさよりも恥ずかしさの方が勝ってしまいました。

当たる瞬間に握るパンチのトレーニングにはいい道具だなと思いました。外で使うときは周りに気をつけて楽しみます♪

ちなみに、弾み具合は違和感のない範囲でよく弾みます。


クリード/チャンプを継ぐ男 (吹替版)
(2016-04-15)
売り上げランキング: 16,644


ロッキー DVDコレクション(6枚組)
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン (2015-10-07)
売り上げランキング: 3,052




2016/11/20

約半世紀前の万年筆に癒やされます。

左からペリカンP30、M400、モンブランNo.22の万年筆

ペリカンのP30 (F)、モンブランのNo.22 (B) 共に1960年代の万年筆

東京オリンピック、モジュラーシンセなどのアナログシンセが登場した時代のものであり、作られてから約半世紀が過ぎた万年筆です。

共に、新宿にある中古文房具屋さんにて購入したもので、時代を感じさせず快適に使っています。

購入時から多少の傷はあったが、普段使いの持ち歩きようとして購入したものなので、細かい事はまったく気にしてないです。

真ん中のペリカンM400は青山の書斎館にて購入した初めての万年筆。

ペリカンのP30は数年前、約1万円で購入。

インクは吸引式。年月が立っているせいか、若干硬くなっている。

ペン先は逆さ持ちでは若干引っ掛かりがあるが、調整してもらえばいいかと思いつつもそのまんま使っている。

よく見ないとわからないが、インクのタンクの一部が透けており、明かりに照らしてみる事で、インクの残量がわかるのが気に入っています。



P300のペリカンのロゴマーク♪
現在?のペリカンのロゴマーク。わかりやすいです。


モンブランのNo.22は数ヶ月前に、約2万円で購入。
コチラもインクは吸引式。モンブランにしては珍しい(当時のほかの万年筆もそうだったのかな?)

いつもより太目のペン先を使ってみたくて購入したが、やっぱり太くてなかなか使う機会がないけれど、メモ書きなどで重宝できそう。

こちらも(たぶん)モンブランの万年筆にしては珍しくインク残量が確認できる窓がついている。


モンブランといえばこのマーク、あこがれます♪

モンブランとモデル名が書かれています

インク残量の窓がかわいい♪

万年筆のインクはそのときの気分によって決めていて、今はモンブランの緑がお気に入り、明るめな初夏の木々を感じさせ、気が落ち込みやすい秋とは対照的で、書いている時に落ち着いている気がするのです。

いまお気に入りのインク♪

パイロット 万年筆 カクノ FKA-1SR-O 細字 オレンジ
パイロット
売り上げランキング: 1,652


もう一つはペリカンのロイヤルブルー、落ち着いた薄めの青インクで、こちらも落ち着きと、ロイヤルがつくブルーという名前から多少の緊張感を持たしてくれると勘違いしてます。



ツバメノート A5ノート3冊パック 7mm×24行 50枚 H50S-3P
ツバメノート
売り上げランキング: 2,906


2016/11/17

新幹線での音楽鑑賞をどうするか計画中です


近々、東京から名古屋まで日帰りで行ってくるのですが、新幹線での時間の過ごし方について考えたら、音楽をゆったり聞いていこう!と思いついて最近使っていなかったヘッドホンアンプとプレーヤーを引っ張り出してみました。

Objective2 というヘッドホンアンプ
Objective2 というオープンソースな (ハードウェア) ヘッドホンアンプ。でも自分で作る気は全くなかったので、アメリカは JDS LAB さんから約2年半前に購入したものです。

当時のことはこんな感じで書いています。

Objective 2 (O2) というヘッドホンアンプがアメリカから届きました。
http://www.nekonohou.com/2014/04/objective-2-o2.html





音楽を聴く習慣が変わってから(家ではほぼヘッドホンしない習慣)ずいぶんと触っていなかったのですが、9V電池2つが切れていたこと以外は変わりなく、とても音がいい!

と言いたかったのですが、ヘッドホンが 2000円アンダーなこれなので、いまいち感動したとまではいえませんがゆっくり聞くには悪くないかなと期待してます。

気軽に扱えて意外と疲れにくい1000円台のヘッドホン

プレーヤーはiPhoneでもよかったのですが、せっかくなので専用機として操作がしづらいので使わなくなった FiiO FiiO X1 という音楽プレーヤーを使おうかなと。



せっかくハイレゾ対応なのにハイレゾ音源を持っていないので持ち腐れといえばそうなのですが、このプレーヤーはラインアウトができるところが魅力的です。つまり、アンプに直接つないでしっかりいい感じの音量と音を出してくれます。
※でも家で聞ではヘッドホンアンプがいいせいか音量が大きくてラインアウトは使ってないです。

左から iPhone,FiiO X1,O2。O2はちょっと大きいので普段使いは無理 

ちなみに、最近新しいモデルが出たようです。ちょっと安くなっている感じで操作性もよくなっていそうです。




SONY ステレオヘッドホン  MDRZX310 BQ1
ソニー
売り上げランキング: 16,414




Voumio2 にスイッチを付けた安易な便利なミュージックサーバー

先日購入した raspberry pi zero w は、volumio2 を使った で音楽サーバーとして楽しむことが増えました。どうせならとあり合わせのものを使ってスピーカー内蔵させた一つの箱ものを作ってみました。 「スピーカーを内蔵させた安易な箱入れ」「コードは使...