このブログを検索

2016/10/10

JMT LIMITED BOX を楽しんでる

限定50台のJMT LIMITED BOX
先日購入した JMTSYNTHさんのJMT LIMITED BOX を数十分楽しんだので簡単に紹介します。

LEDがまぶしい
このシンセはいわゆるノイズシンセ、ドローンシンセと分類されるシンセサイザーで、いろいろな「ピー、ガー」と言うノイズ音をだす楽器です。

なので?かくノブはそれぞれの役割がありますが、ボリューム以外、どのような働きをするか、なんとなくは理解できるものの正確な制御は難しいたぐいの暴れるシンセでもあります。もちろん音階を正確に制御して曲を演奏するのは無理(または難しい、無駄とも)なシンセです。


何がいいのか?といいますと、音そのものの厚み!ほかのシンセ、特にデジタルなソフトウェアを介したものでは決して出せない(ことはないと思いますが)図太い音を出すことができることが、私にとって大きな魅力です。

また、電子的な音が出ている。それだけでうれしい自分にとってはJMTさんのシンセはあこがれでもあったので、JMTさんの中では最も安く手に入れることができるまたとない機会でもあったのも魅力でした。



ドローンシンセといえば私はこんなのも持っていますが(アメリカのガレージメーカー、Rucci さんの Maximal Drone)、それぞれに楽しめるいいシンセです。



Rucci Maximal Drone というシンセをいじってみる
http://www.nekonohou.com/2015/06/rucci-maximal-drone.html

Rucci Maximal Drone というシンセの動画を作ってみた
http://www.nekonohou.com/2015/07/rucci-maximal-drone.html

最後にInstagramにアップロードした動画を紹介して今回は終わります♪





国産シンセメーカー JMTSYNTH の展示会にいってきた。



おとついの事でしたが東京は恵比寿のリキッドルームにて開催されていたEXHIBITIONに行ってきました。

JMT SYNTH EXHIBITION at KATA(Toyko Japan) supported by birdFriend
http://kata-gallery.net/schedule/jmt-synth-exhibition


会場全体の写真は取り忘れました。
Instagramで #jmtsynth とかで検索すれば雰囲気はつかめるかと思います。
https://www.instagram.com/explore/tags/jmtsynth/

リキッドルームですが、ライブ会場ではなく、施設内にある展示スペースでの開催です。
おしゃれなスペースにおしゃれなシンセが並んでいて、普段はYoutubeとかでしか聞けない、見れないシンセを直接聞いたり、しかも試奏できたりもしちゃいました。

触っていて一番楽しかった DNVO-01

見た目はかわいいですが、期待をいい意味で裏切るシンセ

開発中のエフェクトモジュール

JMTSYNTHと言えばコレ!という感じなシンセ
セッティングしてもらったのに上の開発中のエフェクトモジュールに夢中になって忘れてしまう

nekonohouさん(@nekonohou)が投稿した動画 -
上ののちっちゃい壁掛けのシンセ


そんなすてきな会場には13:00ちょうどくらいに入って1時間半くらい,時間を忘れて立ちっぱなしに疲れるまでお話を伺ったり、試奏したりして過ごしました。

帰りに、(在庫が残っていれば)目的であった JMT LIMITED BOX というシンセと birdFriend さんのカセットテープからアヴァンギャルドな1本を購入しました。

birdFriend 

http://birdfriendtapes.tumblr.com/about

カセットテープと言う媒体がうれしいです。
もちろん、ダウンロードコードもついているので、カセットデッキを持っていなくても大丈夫です。




Voumio2 にスイッチを付けた安易な便利なミュージックサーバー

先日購入した raspberry pi zero w は、volumio2 を使った で音楽サーバーとして楽しむことが増えました。どうせならとあり合わせのものを使ってスピーカー内蔵させた一つの箱ものを作ってみました。 「スピーカーを内蔵させた安易な箱入れ」「コードは使...