このブログを検索

2016/06/26

RAMPAGE 完成と楽しみ


昨日は書き始めた時間帯が遅かったので眠くなって途中まででしたのです。
今回でひとまずの完成記念としての記事を書きます。

Befaco RAMPAGE
https://www.befaco.org/en/rampage/

組み立てと完成まで

抵抗やダイオードなど背の低い部品を付けたところ
RAMPAGEは2枚の基盤に電子部品を半田付けするのですが、1枚めは160弱の部品を半田付けする自分には気の遠くなる作業でしたので、ゆっくりと約1週間かけて取り付けました。

ほぼ真ん中にあるポリエステルコンデンサ、最後にこれに苦しめられます。

下の写真は2枚めの基盤です。こちらは約70個の部品を取り付けます。合わせて約230個の部品を付けるのは結構しんどかったですが、その分嬉しさも大きいです。

2枚めの基盤に部品を取り付けたところ、後はジャック類やLEDなどを取り付けます。

LEDやジャック類の取り付けるときに注意するのは指定の場所に部品を通したり差し込んだりしても半田付けせず、まずは全ての部品を差し込んだら、表面のパネルを取り付けます。

これは,先に半田付けしてしまうとLEDが正しい場所に取り付けられなかったり、丁度良いところに付けられていないジャックのせいでパネルをはめられない。何てことを防ぐためです。

半田付け前に位置を調整♪

ジャック類も油断すると失敗の原因にもなります。
ということがマニュアルに書いてあるので、何となく理解しながら進めていってようやく完成かと思いきや一箇所だけマニュアルになかった(と思う)注意点がひとつ。

白(銀)のポリコンデンサが寝を寝かせました。

寝かせたポリコン
ポリエステルコンデンサですが、立たせた状態だと、高さが邪魔して1枚めと2枚目の基盤を合わせることができなかったのです。ということで、一度取り外し、再配線しました。

半田付けを忘れていました。

上の写真は完成した(と思っていた)後に気がついたのですが、一箇所半田付けを忘れていました。始めは音(信号)が出ないので壊してしまったかと焦りました。

慣れないオシロスコープで波形の調整?

調整する部品、マイナスドライバで調整します。

ここは理解が足りていないのであっているかはわからないですが、アウトプットから出力される波形をオシロスコープで確認して、理想的かどうかを確認して調整しました。

ということで、無事完成しました♪

ところで、RAMPAGEってなにするの?

自分でもよくわかっていないのですが、これ単体で、オシレーターとして音を出したり、フィルターのような動作をしたり、波形を変形させたりと何でもできる?モジュラーシンセです。もちろんこれ単体だけでできることは限られるのですが、他のモジュラーシンセと組み合わせることでいろいろな可能性を感じる面白いシンセです。

Befacoのサイトにはこんな機能があると書いてありました。

Some Rampage applications:
-Voltage controlled Attack Decay envelope.
-Attack Sustain Release Envelope .
-More complex ADSR Style Envelope.
-Dual VCO. With Square, PWM, Saw, Log, Exp and Triangle shapes. Hard and soft sync.
-Gated VCO
-VCO + Analog AND Gate (As ADTimbral VCA)
-Dual Low Pass Filter
-Dual Low pass Filter with VCO soft sync.
-Low Pass Filter + AD Envelope
-Dual “syncable” voltage controlled LFO with Square, PWM, Saw and Triangle shapes)
-Complex LFO . Function combination.
-CV controlled and “Ping-Pong” LFO.
-Dual Slope detector. Distinguishes when and incoming signal (CV or audio) is rising or falling, and generates gates in concordance.
-Comparator. Send a gate when B IN is bigger than A IN
-Polyrythmic gate generator. With both channels synced between each other, it generates several “complex rhythm” gates.
-Voltage controlled Slew limiter with independent attack and decay control and continuous variable shape between Log, linear and expo.
-Peak Voltage follower. Max Out follow the maximum Level of the two inputs.
-Minimum Voltage Follower. Min Out follow the minimum level of the two inputs
-Envelope follower with adjustable response for rising ans falling flanks.
-Voltage controlled Trigger Delay .
-Burst Generator.

このうち、まだまだ機能のほんの一部しか使いこなせていませんが、簡単なビデオを作りました。



あと、RAMPAGEをメインに使ったトラックをSoundCloudに公開しています。






このRAMPAGEに限らずですが、いじるたびに新しい発見ができて楽しいオススメなシンセです♪



2016/06/25

Befaco さんの RAMPAGE を購入しました。

RAMPAGEというモジュラーシンセ
先日の2016/06/11にいっていきたTFoMに出店していた BEFACOというスペインのメーカーさんからその場で購入したRAMPEGEというモジュラーシンセのキットを組み立てはじめた時のことを書きます。

購入のきっかけ

たくさんのモジュラーメーカーさんが来日してました♪
モジュラーシンセのメーカーは大小たくさんあって、普段は日本でモジュラーシンセを購入するにはオンラインで直接メーカーに注文するか、海外のモジュラーシンセ屋さんに注文しないと購入できないメーカーもTFoMのイベントに出店していました。

言い換えると普段触ることができないモジュラーシンセに触れることができることでもあって、メーカーによってはその場で販売もしていました。

本当は別のメーカーのものを購入しようかと思ったのですが、気にはなっていたけどノーマークだったBefacoさんにて1割も通じていない英語と5割くらい理解できた(と思っていた)実機を触って、計画外でしたがいつかは欲しいと思っていたEnvelope GeneratorのモジュラーシンセとしてRAMPAGEを購入しました。

またまた言い換えると、とくにきっかけはなかったとも言えます♪

キットのパッケージです♪



ちなみにお値段は当時のユーロの金額を日本円にした金額だったので、お買い得に買えました。
※2016/6/11と2016/6/24の為替の差は気にしないことにしました。


組み立て直後開始まで


パッケージを外してみて始めの感想は
「めんどくさい、気が遠くなる」
でした。

パーツの数がこれまで作ってきたものに比べて数が多くたぶん100個以上の部品を半田付けします。
自分にとっては Mutable Instruments Anushri というセミモジュラーシンセ以来のことで、しばらくの間作る気が失せていまいました。

基盤は2枚、モジュラーにしては?幅広め!

でもハンダ付けが難しい表面実装な部品は取り付け済みです♪

部品も割とわかりやすく分類されています。

組み立て始めました。
失敗をしないようにはやる気持ちを抑えつつ、約1週間とすこしかけて組み立てていきました。

組み立てにおける注意点や組み立てた後の使いこなし方については次の記事に書きます♪










2016/06/19

どこまで書けるか?DIY Polivoks VCF kit

ラトビアの erica synths さんのフィルタ
書きたいという欲が強いものの眠くなってしまったので、勢いで書けるだけ書いて、少しでもお役立ちできれば嬉しいです。

先日行ってきたTFoM2016というモジュラーシンセのイベントに行ってきた次の日、DIY Polivoks VCF kit というモジュラーシンセが届きました。

erica synths さんから直接購入しました。日本で取り扱っているところはわからなかったからです。注文から到着まで約2週間くらいでした。

erica synths Polivocs VFCFは、ロシアの確か80年代のシンセ、Polivocsからフィルター部分を取り出したものをモジュラーシンセにしたものです。

ロシア製シンセ、Polivocsです。かっこいい♪

今回導入したPolivocs VCF

今回も組み立てキットを購入しました。

こちらは、完成品も売っているのですが、少してもお安く,勉強にもなるかもとキットにて購入しました。

そんなに部品の数は多くないです。

マニュアルは一応あるのですが、基盤に取り付ける部品が書いてあることから基盤を見ながら、組み立てていきます。

組み立て終わった直後の写真。
ちなみにこんな感じの箱で届きました。

キャンペーンで付いていたパッチケーブル、重宝します♪

使ってみてというかまだ使いこなせていない

正直まだ使いこなせていないです、同時期に別のモジュラーシンセが届いたり、回路がシンプルな分、結構なじゃじゃ馬で(と勝手に思い込んでいる)すぐ発信するか音が出ないかになってちょうど良いところに持っていくのが難しい印象です。

でも,触っているうちに良い感じになる確率も上がっているので(たぶん)、結構楽しいモジュラーシンセです♪

したのはいくつか楽しんでいる動画です♪

nekonohouさん(@nekonohou)が投稿した動画 -



2016/06/12

TFoM に行ってきました(2年ぶり)♪

天井が高い♪
今日は東京は青山にあるRed bull Studios Tokyo Hall にて開催中の Tokyo Festival of Modular というフェスに行ってきました。私は2年ぶり、2回目の参加でした。

こういう感じのシンセサイザーがたくさん見れます、触れます。

これは普段なかなかお目にかかれないモジュラーシンセが集結し、行くだけでテンションが上がります。別の例で例えれば、自動車やオートバイにおけるモーターショウみたいなものをイメージいただければです。

どれだけ楽しんだかを忘れないうちに書く事にしました。
ちなみに、このフェスは明日(2016/06/12)まで開催しています♪



製品紹介や使い方例などを楽しむ、イベントブース

手作りシンセを紹介する1コマ、お子様も楽しんでいました。
※セミナーやコンサートという人の顔がどうしても写ってしまいがちなので写真はほぼ無しです。

会場は「コンサートや製品紹介などのイベントブース」と「各メーカーなどが出品している展示、販売ブース」の二つに分かれています。自由に行ったり来たりできるので、気分やテンションで楽しむ事ができました。

イベントブースでは、詳しい紹介はこちらを見ていただければですが、私は間を挟みつつ17:00頃まで楽しみました。

何回か拝見させていただき楽しみにしてた方による電気の特徴を生かした自作シンセを子供達と楽しむ会。ラトビアの気になるメーカーの気になる新商品の紹介とデモ、そして憧れの関西の方のモジュラーシンセに興味を持った人を沼に引きずり下ろす楽しいセミナーを堪能しました。

この後もライブなどがあったのですが、展示ブースでたくさんのシンセを触ってみたりしていたらLEDの眩しさの影響か、めまいがしてきたので泣く泣く?途中で帰りました。



シンセメーカー、ビルダーの展示販売ブース

何回か外に出て、風に当たりました♪
こちらではシンセの定番メーカーから個人のメーカーまで、国内だけではなく海外からもたくさんのメーカーが一堂に集まって、商品を紹介したり、いじったり、売ったりするブースです。

結構混雑していましたが、窮屈ではないです♪
レッドブルビルだけにレッドブル2本飲んだので、全部のブースを見れたり話を聞いたりしたわけではないですが、いつくかの写真を撮ったので、紹介します。でもその前に今回気が付いた事がありました。

●できなくてももちろん楽しめますが、英語できた方がもっと楽しい♪

2年前に行った時はモジュラーシンセを始めていなかったので、海外メーカーのブースに立ち寄る事はほとんどなくってその時は全く気にしなかったのです。

でも、今回はモジュラーシンセを始めて半年ちょい。やはり色々なモジュラーシンセが気になってブースを覗くのですが、スタッフの方に話しかけられても何言っているかさっぱりで、外で道聞かれた方がよほどわかるくらいなので、かなり緊張しました。
たぶん言いたかったことの1割くらいしか疎通が出来なくて、それはそれで良い経験でしたが、とはいえすこし理解できればもっと楽しいかなと思いました。

救いはモジュラー用語は理解できるので、その意味では良い勉強になりました。

●日本のシンセ屋さん編

▲宮地楽器 Vintage Piano Garage Wurly's!
全国区で有名な宮地楽器さんが出展されていました。普段はシンセのことを聞いたり、パッチケーブルや電源を購入したりお世話になっています。今回はPittsburgh Modularさんの事について説明いただきました♪
そういえばS&Hの事を聞こうと思ってて忘れてたのを思い出しました。今度こそケーブル以外の何かを買いたいです。
http://www.miyaji.co.jp/Wurlys/

▲Five-G
店員さんにフェスでは壁を立てるだけですと言われていたのですが、その壁がすごい事になっていました。写真撮り忘れましたが、2Mくらいのラックにモジュラーシンセを敷き詰めてどれも動作するという憧れのブースでした。スタッフの方がどの方かわからなかったので、リボンコントローラを試せなかったのが悔いです♪
http://fiveg.net/

▲Clock Face Modular
ここで買う事に憧れを持ちつつ実行できていないオンラインのお店、今回は発売したばかりのMake Noise 0-Coastという単体で動くシンセを触らせてもらい店長さんにも説明してもらいました。憧れのMake Noiseに触れただけで来て良かったです。半分くらいしか理解できなかったですが、それでも十分魅力があり、蝉モジュラーの中では一番お気にいりです。
http://www.clockfacemodular.com/

▲MI7 Japan
海外のシンセや音楽系のソフトなどを取り扱っています。輸入代理店な位置付けなのかなと思いました。こちらでは、私のお気に入りの PO-12 PO-14 PO-16 も販売してました。
これのカバーケースが売っていたので(なかなか売っているところを見かけない)、勢いで一つ購入しました。


●シンセメーカー編

▲Hikari Instruments さん

こちらは日本のメーカーで、私はこちらのサイン波のオシレータを2台で楽しんでいます。今回も少しお話しさせていただきました。今回は写真に写っているTシャツとかわいい限定キーホルダーを購入しました。
http://www.hikari-instruments.com/

▲REON

映画「なにわのシンセ会」でおなじみ?の国産シンセメーカー、実際に触れる機会、開発者の方もいらっしゃるのでお話を伺う機会は滅多にないので、楽しみだったのですが、それだけに常に混雑していて機会を逸してしまったのは一番の後悔です♪
http://www.implant4.com/REON.html
※メーカーのサイトはないので大阪のシンセやさんへのリンクです

▲Roland

最近、モジュラーシンセをだしたり、昔のシンセのリバイバル品など安くもなく、かといって高すぎもしない良い感じの製品を出しています。あまり触りませんでしたが、system-500系をなぜいじらなかったのかと後悔しています。

▲KORG

今回はKORG製品というよりも輸入取り扱い商品の紹介がメインでした。Moog mother 32を触り忘れたことも後悔です。いつかはSQ-1がほしいです♪

▲erica synths

東ヨーロッパのラトビアのメーカーです。イベントブースにて幅が約1.5cmの小さなモジュラー、Picoシリーズの紹介がありました。これとは別にロシアのPolivoksという80年代?のシンセからインスパイアされたシンセを多数作っていて、そちらにも興味があります。
http://www.ericasynths.lv/en/home/


▲Men Qi Music
たぶん中国のモジュラーシンセメーカーパネルデザインに親しみをもち、機能はわからなかったのですが、もう少しで勢いに乗って購入しそうでした。これから要チェックな予感がします。
※背中向かいのブースでお買い物したために買えませんでした。
http://www.mengqimusic.com/


▲X-Fade Modular


最近、宮地楽器にてオススメされたものの入荷待ちのため購入を諦めたメーカー、日本のメーカーということを初めて知りました。ここのクロックデバイダはオススメです。


▲スタジオねこやなぎさんのブース

メーカーではなく、アーティストのブースです。手作りシンセやおか持ちの中にモジュラーシンセを入れているオシャレなブースです。

▲4ms
こちらのクロックデバイダが気になっています。

▲Buchla
初めて触りました。究極的にはこれだけで良いかもと思いつつ手は出せないシンセ♪

▲紹介しきれなかったメーカーも多数あります。
買いていて疲れたのもあるのでごめんなさい。

もらったり買ったもの

最後に当日もらったり買ったりしたものです。

いろんなメーカーからもらったシール類
Tシャツは買いました♪どこできるかは後で考えます♪
キーホルダーです。木目がかわいい♪
PO-14という電卓シンセのカバー、ストラップ付きなのでどこでもシンセ
キットですが、モジュラーシンセも買いました♪
これのせい(予算オーバーなので)で明日は行けなくなりました。

きっと来年もやると思いますので、多少の英語と仕事と体力を頑張ってさらにさらに楽しめるように準備したいと思った1日でした♪

ありがとうございました。

Voumio2 にスイッチを付けた安易な便利なミュージックサーバー

先日購入した raspberry pi zero w は、volumio2 を使った で音楽サーバーとして楽しむことが増えました。どうせならとあり合わせのものを使ってスピーカー内蔵させた一つの箱ものを作ってみました。 「スピーカーを内蔵させた安易な箱入れ」「コードは使...