このブログを検索

2016/05/07

volca sample がより便利に使えるPC(macも)のツールvosyr

最近、もっと使いこなしたくなったKorg volca sample
ここ最近はモジュラーシンセについて書く事が多かったのですが、korg さんの volca sample の youtube を見て、刺激を受け、むずむずしたので、もう少し使いこなそうと決意?しました。

KORG volca sample
http://www.korg.com/jp/products/dj/volca_sample/

でも、一つ面倒な事がありまして。
それは、サンプルの転送。
KORGからもiPhone 経由するアプリも用意されていて外で録音するときとかは便利なのですが、家の中で作った音声サンプルを転送するのにちょっと不便だったりします。


今までやっていたサンプルの転送



KORG AudioPocket for volca sample (App Store)
https://itunes.apple.com/jp/app/audiopocket-for-volca-sample/id927415821?ls=1&mt=8

具体的には、

  1. 何らかのツールを使って音声サンプルを作成
  2. iTunes を使って AudioPocket for volca sample に転送
  3. iPhone の AudioPocket for volca sample から volca sample に転送

という手順が必要ですが、特に2と3が面倒でおっくうになっていました。
いちいちiPhoneに転送しないといけないところが面倒でした。


新しいツールの発見

KORGさんのサイトにあるので発見というほどでもなく、情報も最新(2016/05)ではないですが、こんな便利なツールがあったのか!と感心して、紹介されていた中の一つを使ってみる事にしました。


http://www.korg.com/jp/products/dj/volca_sample/thirdpartyapps.php


今回使ったツール vosyr

今回は居着くか紹介されていた「vosyr - The free volca sample manager (FREDERIKSON LABS) 」というツールを使ってみました。

サイトのトップページ
windows も mac もOK♪

起動後、したの画面が表示されます。0〜99までのマス目とサンプルが表示されます。
追加はwavファイルなどをドラッグ&ドロップすることで追加や移動が出来ます。

起動直後の画面
画面左上に「SAMPLES」と「SEQUANCES」タブがあり,切り替えると下の画面になります。

SEQUENCES 画面
この画面で、簡単なシーケンスを加える事が出来ます♪

また、volca sample への転送は画面右上のアイコンをクリックする事でできます。

転送方法は変わらずオーディオケーブルを使います。

ということで、使ってみた動画を作りました♪
このソフトだけで音楽をたのしめるなかなかいいソフトです♪








0 件のコメント:

読めないので書評ではない書評 Soviet Bus Stops

写真集を買うのは久しぶりです。 記憶では「夢の光―Light of Dreams―田村彰英写真集」いらい数年ぶりです。 その前は「廃墟チェルノブイリ Revelations of Chernobyl 中筋 純」なので、脈絡はないです。 購入したきっかけはなん...