このブログを検索

2016/03/08

どこでやってしまったのか?失敗した BASTL SKIS

この写真を撮った時が一番テンション高かった
自分が持っている数少ないモジュラーシンセの機能を追加するために買ったモジュラーシンセのキット、まだ諦めていませんが組み立てに失敗してしまったことを書きます。

(追記)直りました♪
BASTL SKIS 直りました♪直すところから簡単な動作まで
http://www.nekonohou.com/2016/03/bastl-skis_21.html

BASTL SKIS 

木製のパネルが綺麗なモジュラーシンセのメーカー BSATL 。
詳しくは知らないのですが、モジュラーシンセ以外にもグラニューラシンセや可愛いシンセなどを手がけています。

BASTL 
http://www.bastl-instruments.com/

今回購入したのはVCAとEG(Decay)が2つ付いたもので、このビデオで少し紹介されています。


ビデオをみるとひとくせありそうなものばかりで、もっと欲しくなります♪
購入したのはよく使っている THONK というイギリスのサイトです。

組み立て

いつものように、説明書を見ながら組み立てていったのです。

キットの中身です

可愛い?ステッカーの箱です
まずは抵抗類を半田付け

半田付けその2

コンデンサなどを取り付けて

そのたのパーツを取り付けて1枚目の基盤完成!
2枚目の基盤も作って完成!
横から見るとこんな感じ♪
でもって、電源を入れるところまではよかったのですが,本来、入力がないと光らないところが光ったりと正常に動作しませんでした。
ICを焼いてしまうなど致命的なものではないもののどこがまずかったのかわからない状態なので、落ち着いてから、チャレンジしてみてどうしてもダメなら修理をおねがいしようかなと考えているところです。

パパがなんとかしてくれるらしいサイト
http://noise.kitchen/shop/diy-eurorack/come-to-daddy/

(追記)直りました♪パパになんとかしてもらわなくてよかった♪
BASTL SKIS 直りました♪直すところから簡単な動作まで
http://www.nekonohou.com/2016/03/bastl-skis_21.html



0 件のコメント:

ラズパイデビューしました

フリスクより少しだけ大きいPC、Raspberry Pi Zero W 始めました どうして使うことになったのかのお話 気にはなっていたもののなかなかできなかったことの一つに、puredataという主に音楽を音やMIDIを使って制御するソフトをちゃんと使ってみ事があり...