このブログを検索

2016/01/13

CVpal を使ってDAWからアナログシンセをコントロール

ラックに余裕がないので外だししたCVpal
最近はアナログシンセだったり、モジュラーシンセについて書くことが多いこの頃、PCやmac、iPhone(以下、PCとだけ書きます)などからコントロールするためにはUSBや MIDI とは違い CV,GATE などの電気信号そのままの(言い方に自信なし?)ふた昔前の仕組みで制御する必要があります。

モジュラーシンセどうしであれば、大抵はそのまま線をつなげばいいのですが、PCからコントロールするためには、何らかの変換機がひつようです。


こっちの記事でも多少触れてる「BEATSTEP」でもアナログシンセをコントロールできます


〜ユーロラック・モジュール型シンセサイザー ER-1〜

やっぱり,他の例に漏れずにこういった機器は安いとは言えないのですが、このMutable Instruments さんの CVpal はキットでの提供ですが、約5,000円ちょい(送料別)とお買い求めやすく、作ってから知ったのですが結構な機能ですっかりお気に入りとなったので紹介します。
ちなみに私は Thonk というイギリスのショップから買いました。

Thonkでお買い物した時の記事です
http://www.nekonohou.com/2015/11/thonk.htm

組み立て


CVpalのキットの中身です♪ICが変だったとは気がつかず。
組み立て自体ははんだごでの経験がある方でしたら難易度は高くないと思います。注意点としては、ジャック類、USBメモリの端子を取り付ける際、適当にやりすぎるとパネル(正面の見える板)にはめ込むときに大変になる!といったくらいでしょうか。

裏側から見た CVpal 電源はUSBからいただきます♪

別の角度からの CVpal


すこし脱線〜

組み立てた直後、どうしてもUSB機器として(MIDIコントローラーとして)認識せず、はんだミスの疑いをしていたのですが、後日Twitter上で”ICのプログラム,違うの入れちゃったので後でIC送ります”とのことで、クリスマス後くらいに正しいプログラムが書かれたICが届きました。サポートもしっかりしてて嬉しくなりました♪

このシールとともにICが送られました♪

基本的な機能(自分が使った機能だけ)

CVpalのパネルの写真♪
CVpal の入出力はだいたいこんな構成です。上の写真にある穴がそれにあたります。
  1. USB端子(Bタイプ)
  2. LEDの穴
  3. OUT 1 (基本的にはCVoutその1(音程を制御))
  4. OUT 2 (基本的にはCVoutその2(こちらも音程))
  5. GATE 1 (基本的には1つ目のGATEout(音のON/OFFを制御)その1)
  6. GATE 1 (基本的には2つ目のGATEout(音のON/OFFを制御)その2)

基本的にはと書いたのはUSB以外の各端子の機能は出力するMIDI ch によって機能がことなります。

例えば、ch1 の場合は1台のシンセしかコントロールできない代わりにベロシティを制御できたり、別のチャンネルではすべてのトラックをドラムシンセ向けのトリガー信号として使ったり、MIDIのテンポを同期する信号を出したりすることが実現します。

MIDI chによって機能が異なるため、シーケンサ上では多少面倒でも、機械的な不要でとても便利です。

また、電源もUSBからの電気だけで動くのもとても魅力的です♪


Doepfer MIDI/USB to CVコンバーター Dark Link
Doepfer
売り上げランキング: 28,714


オンド・マルトノのための作品集
トマ・ブロシュ
Naxos (2004-10-01)
売り上げランキング: 44,652


火星の人〔新版〕(上) (ハヤカワ文庫SF)
アンディ・ウィアー
早川書房
売り上げランキング: 1,273



0 件のコメント:

読めないので書評ではない書評 Soviet Bus Stops

写真集を買うのは久しぶりです。 記憶では「夢の光―Light of Dreams―田村彰英写真集」いらい数年ぶりです。 その前は「廃墟チェルノブイリ Revelations of Chernobyl 中筋 純」なので、脈絡はないです。 購入したきっかけはなん...