このブログを検索

2016/01/31

Circuit Abbey さんの TICK というクロックジェネレータ

テンボを生成するモジュール TICK
日夜、手持ちの数少ないモジュラーシンセをいじることに励んでいますが、もっとあれこれできたらという妄想は出てくるものです。カメラに例えれば、もっとズームできるレンズが欲しい。シンプルな単焦点レンズがほしいというのと同類です。

とはいうものの、カメラの趣味と同様、モジュラーシンセを追加するにもそれなりに費用がかかるから、おいそれと買い足すことはなかなか難しいです。

ということで、今回は比較的安いモジュラー、Circuit Abbey さんの TICK というクロックジェネレータを作ったので紹介します。ただし例によって今回も組み立てキットです。

簡単にこのモジュールについて

Tick -- Clock Generator Kit
http://www.circuitabbey.com/Tick.html
こちらから観れる動画がどんなモジュールか理解するのにオススメ。
https://www.thonk.co.uk/shop/circuit-abbey-tick/

このモジュールはごく単純なクロックモジュールで、クロックという同期信号を出力します。さらにいうと矩形波のみを出力するものです。

言い換えるとこのモジュールを使ってテンポ情報を出力して他のシーケンサーなどと同期するためだけです。(応用的な使い方もあると思いますが、まだ思いつかない)

さて、このキット、今回はいつもと違うところから購入しようとしたのですが、結局今回も THONK から買いました。約7,000円(送料別)

組み立て


TICK を構成するパーツ類、比較的少なめな部品の数
このキットは、THONKによるとビギナー向けにオススメらしく、部品数は少ないです。

ですが、抵抗を立てて配線するなど、小さいサイズの基盤ならではの工夫のために若干コツ(単にいつもより少し丁寧にすればいい事♪)のいるキットです。

抵抗は立てて配置するので曲げ具合に注意!
無事、完成した TICK (この時点ではLEDの配線が甘かった)
スイッチはテンボの大まかな目安、左からすごく遅い(G)すごく早い(S)その間(F)
スライドするのはテンポを調整し(RATE)、ジャックはテンポ信号を出力(OUT)
完成してラックにマウント♪

動作について

説明のための動画を作りました。
シーケンサーは Music Thing Modular のTURING machine を
シンセはHikari Instruments さんの SINE を使いました。


まとめ?

テンポを制御する!といえばシーケンサー(あとClock Out)つきのシンセとか、PCなどからコンバータを使う事の方が多いかもしれません、連携できるし、、、
ですが、モジュラーシンセだけで完結するとき(またはマスターとする)は、シンプルな構成も相まって、以外と必須のモジュラーかもしれないと感じました。
まだ今日組み立てたばかりなので楽しみます。♪




超人の秘密:エクストリームスポーツとフロー体験
スティーヴン・ コトラー
早川書房
売り上げランキング: 23,539


YAMAHA ウェブキャスティングミキサー 6チャンネル AG06
ヤマハ(YAMAHA) (2015-05-31)
売り上げランキング: 2,586


0 件のコメント:

Voumio2 にスイッチを付けた安易な便利なミュージックサーバー

先日購入した raspberry pi zero w は、volumio2 を使った で音楽サーバーとして楽しむことが増えました。どうせならとあり合わせのものを使ってスピーカー内蔵させた一つの箱ものを作ってみました。 「スピーカーを内蔵させた安易な箱入れ」「コードは使...