このブログを検索

2014/07/05

かわいいシンセ?のAnushri

Anushri はかわいいという意味みたいです♪

Mutable Instruments というフランスはパリの楽器メーカーから出ているシンセサイザーのキットを組み立てました。
自分にとってはなかなか手強いキットでしたが完成するとなかなか嬉しいものです♪

こんかいは,このシンセの紹介と購入から組み立て、簡単な音紹介を書こうと思います。

Anushryというシンセ

Mutable Instruments _Anushry

オレンジ色のかわいくてちょっとチープな箱とたくさんのつまみがが印象的なこのシンセ、モノフォニックな単音(コード引きのような複数の音が出せないシンセ)が出せるシンセサイザーとドラムの音源とシーケンサーが入っています。
いい変えればコレ一台でリズムが入った音楽を奏でることが出来るのです♪



こんな感じです。


ハードウェアのシンセとドラムマシンとお財布とで相談したらこのシンセにたどり着いたのです。

わたしはメーカーから直接買いました。

英語はよくわからないけど支払いも PayPal やクレジットカードで簡単にできるので
自分の住所を英語で書ければ何となく買えちゃいます。
でも問い合わせとかするには英語(フランス語?)出来た方がいいのは言うまでもありません。
商品を選んで・・・

カートに入れて・・

後は住所とか入れるだけ♪

海外からの発送なので時間がかかるかなと思いましたが、1週間!!ほどでとどきました。
さて、届いたはいいけどパーツの数(150こくらい?)を見てちょっとやる気が失せました。やっぱり英語のマニュアルだし・・・
面倒だ・・というのが始めの印象

海外の部品って日本でも楽に手に入るものと多分すごく面倒な部品があるので失敗を避けるためゆっくりゆっくり作りました。
ちなみに説明書は英語ですが、中身はすごく親切でわかりやすいです♪
この基盤のうえに・・

抵抗やコンデンサを付けて

IC載せる台とかを付けて

一枚目の基盤完成!

2枚目の基盤も同じノリでハンダ付けして

ひとまず完成!!

二日間かけて完成しました。
・・とおもったら一部の機能(シーケンサー)がうまく動かないことがわかりましてそこから間違ったところをさがす面倒な作業がはじまりました。

シーケンサーが機能しない・・・
ハンダミスではなさそう・・・
電圧チエックも正常・・・
などなどを探すもわからず、でも見つけました。

向きを逆に取り付けてしまった抵抗。コレを探すのに何日も・・・
日本ではなかなか見ない(思い込み)この抵抗、向きが合ったことに気がついて逆につけていたことが分かりました。

で、つけ直して無事完成にいたりました♪

完成した Anushri
まだまだ使いこなせていませんがこいつは楽しいです。
ドラムの音もシンセもいい音してます。

コレだけの機能のシンセが199€(本体)+59€(ケース)と送料で約3万円で手に入れラレルことがすごいと思います(中古はべつですよ♪)。



せっかくなのでサンプル?音楽つりました☆

追記(2014/07/05)
動画を載せた記事を書きました。
http://www.nekonohou.com/2014/07/anushri_5.html

0 件のコメント:

読めないので書評ではない書評 Soviet Bus Stops

写真集を買うのは久しぶりです。 記憶では「夢の光―Light of Dreams―田村彰英写真集」いらい数年ぶりです。 その前は「廃墟チェルノブイリ Revelations of Chernobyl 中筋 純」なので、脈絡はないです。 購入したきっかけはなん...