このブログを検索

2014/02/16

Chumoy Amp に再チャレンジ ~とりあえず動いた!



これまで、何個かポタアン(ポータブルヘッドフォンアンプ)をつくってきたのですが、成功したのは全てキットものでした。
今度はキットに頼らず自分で組み立てようと(もちろん設計ではないです)前から何台もChumoy ampにチャレンジしたのですが全て失敗してしまい意気消沈してましたが、 iPhoneとポタアンをつなぐ音声ケーブルを作ったことをきっかけにもう一度作ってみたらうまくいきました。


・AE-HPPML SET(秋月電子)
 ※ほぼ始めでくらいのハンダ付けでしたが出来ました。

・HA-10 mini
 ※自分にとって難しすぎたせいか、1台目は失敗して2台目で出来た。

・AKI HPA7404 (秋月電子)
 ※HA-10 mini の後なので組み立てる難易度は低いです。
  始めの一台目にもいいかもしれない。

回路は下のサイトにのっている回路図をそのまま使い,小さめなケースに入るよう、一部の配線を変えて作りました。このサイトはとても親切にガイドしているので私のような初めて作ってみようという方に最適だとおもいます。

ヘッドホンアンプ自作 初心者のための解説 Wiki*
http://wikiwiki.jp/hpa4shoshin/

ずっと失敗が続いたのでパーツにはお金をかけずに、ほとんどを秋月電子で買いました。
※完成後、ちょっとケチりすぎたかもと若干の後悔してます。

で,組み立てた回路をケースに入れるのですが、私のどうでもいいこだわりでTC-103 (or 102 or 104)に決めている?のでケースに収まるように組み立てることが難しかったです。
※完成するまであと1cm高さがあればと悔やみましたが完成したら満足です。



なれないリード線の扱い、詰め込むのでそのときに断線したり知らずに別のパーツに半田ごてをあてて溶かしてしまったり、それが要因でせっかく作ったのを壊してしまったりとなかなか自分にとって難しかったです。


ともかく無事完成したので、達成感満載です。
ただボリュームに熱を加えすぎたせいかボリュームのギャングエラーが気になるところ。そのうち交換するかもしれません。


OP AMP は今のところMUSES8920を使っていますがいいですね、ある程度聞き込んだら手持ちの NJM5532DD,OPA2134,OPA2604との機器比べをしたいな。




0 件のコメント:

読めないので書評ではない書評 Soviet Bus Stops

写真集を買うのは久しぶりです。 記憶では「夢の光―Light of Dreams―田村彰英写真集」いらい数年ぶりです。 その前は「廃墟チェルノブイリ Revelations of Chernobyl 中筋 純」なので、脈絡はないです。 購入したきっかけはなん...