このブログを検索

2012/12/24

mac mini 2011 SSD + HDD その2



mac mini (一番安い2011モデル)にHDD交換XSSD増設(1TB+256GB)の
続きです。やっぱりこういうときは iPad があると便利です。
もちろんPCでも十分です。
作業されるばあいは自己責任で。

HDDを外したところです




ここにある「T6」ねじを外します。


メモリ取り付け場所の近くにある赤外線のコネクタを外します。
細かいので難しかった


細めの棒(私の場合は安い精密ドライバ)をさします

さす場所はねじを外さなかった場所2カ所です。

どのくらいさせばよいのか?わからなかったのですが、
奥のシャーシまでしっかりまっすぐ細く固いものをさしましょう。
そうでないと次の作業がうまくいきにくいです

さしたら、写真でいう手前側に約2センチほど引っ張ります
さしたドライバーをてこにして引っ張ることで少し動きます




なぜ、2センチほどかというとメモリ取り付け位置近くにある
電源ユニットのコネクタを抜く必要があるためです。
はじめから抜いてもいいのですが、うまくいかないので
そうしました。



ある程度引っ張るとロジックボードが抜けますが、
抜けないように爪がありますのでおらないように注意しながら抜きます




続いて電源ユニットを外します。
電源をさすコネクタそばにピンが刺さっていますので横にスライドさせて抜きます




電源のコネクタを反時計回りにまわすとロックが外れてユニットごと抜けるようになりますが、ねじも一カ所外しておきましょう




赤外線ユニットとHDDのマウンタもかねたパーツを外します。
外すものはこれで完了です。




ここから組み立て作業にかわります

これが、HDD増設時に必要となるパーツです。
これで七千円は高いと思いますが、そういうものです。


付属しているゴムは先ほど取り外したHDDマウンタにつけます


HDDにはコネクタを取り付けます
(写真では付属品のゴムとねじをつけていますが手順間違えました)


HDDのマウンタに取り付けます



HDDマウンタを本体に取り付けます。


電源ユニットも元通りつけます


ロジックボードももとに戻します。
外すのと比べれば楽な作業です。


増設したコネクタをさします。
ロジックボードに同じ形のコネクタが二カ所ありますが、
自然とさせる場所、はじめのHDDのコネクタを外した場所でないほう
にさしてください。


はじめに外したHDD(私の場合は交換したSSD)を取り付けます。
HDDを増設しているのではじめに取り付けたときよりも苦労します。
なんとか入れましょう。でも無理はせずに


WiFiアンテナのついた網を取り付けますが、
アンテナのコネクタを先につけましょう。
また、自分ではこの取り付け作業が一番苦労しました。
うまく奥までささないとねじがしっかりはまりません。

三角のカバーとCPUクーラーを取り付けます


メモリを取り付けます


これで作業は完了です

USBキーボードで「Option」キーを押しながら起動して下のような画面が出れば
成功です。あとはOSの入れ替えとデータを移動させれば完成です。



という訳で2回に分けてHDD交換と増設の作業を紹介しましたが
いろんな方が紹介しているYouTubeの方がわかりやすいと思います。
とはいえ一枚でも一言でも参考にしていただけたら。面白いことやってるな
と思っていただければうれしいです。



2012/12/22

mac mini 2011 SSD + HDD その1


久しぶりの投稿です。
mac mini (一番安い2011モデル)にHDD交換XSSD増設(1TB+256GB)を、
「macmini HDD増設」で検索したサイト、動画を参考に作業して、無事完了しました。
それでも難易度が高かったので、自分もこの内容をのせる意味はあるかな?と思い投稿しました。

これを数回に分けて書いていき、今回はHDDの取り外しまでをタンタンと書きます。
ドライブを増設しなければこの記事だけでも作業できます



参考になれば、面白そうだなと思っていただければうれしいですが
作業されるばあいは自己責任で。

また、普通のドライバーではなく星形のドライバー
サイズ、「T6」「T8」がないと作業できません。
できれば「T9」もあわせて用意しましょう


↓裏蓋をあけます、開け方についてはマニュアルをみた方が早いでしょう



↓メモリを外します、開け方についてはマニュアルをみた方が早いでしょう





ここからドキドキする未知の領域です
CPUファンを外します
ねじを3カ所、T6ドライバで外します

CPUファンの横にあったカバーを外します
ねじを一カ所、T6ドライバで外します
外す際はスライドしたくなりますが、そうしましょう




編み目のカバーを外します
ネジ穴はT9が二カ所、T8サイズが3カ所(うち一カ所はカバーと反対側にあります)

ねじをすべて外したらスライドさせますが、次の写真もみましょう




Wifiのケーブルが刺さっています、優しく上に引っ張るか細いドライバなどで抜きましょう



ケーブルが抜けた状態です。コネクタが見えます。



上の作業が終わったところです。次はHDDを外します。



画面真ん中にHDDのコネクタがあります。上に引っ張ることで抜けます



いよいよ外します



横にスライドさせたり上に引っ張ってみたりするとスルッと抜け出しそうな
気配がしますので勢いに任せます。
(ただし、無理な力は必要ないので違和感感じたら戻しましょう)



無事取り外したらHDDの周りにあるシート、コネクタをはがします
↓3枚連続




HDDについていたシートやコネクタるいをはがしたところです。
写真にはないですが、側面についているねじ類も外しましょう


さて、交換するSSDです、今回はこれとは別にHDDを追加しますが、
ひとまずちゃんと取り付けられるのかいったん組み込んでみます



というわけで買ってきたSSD。値段で決めたので性能は二の次だけど充分です



先ほどはがしたコネクタ、シート、ねじを取り付けます


外した時は気がつかなかったけど穴に先帆とHDDの側面につけたねじをはめ込む
イメージをしておきます。



無理な力はいりませんが、やっぱり多少は苦労します。


入ることが確かめられたらもう一度HDDを取り外して
ロジックボードやら電源を外していきますが、
この記事はここでいったん終わりにします。

見方をかえればHDD(SSD)の交換でしたら
ここまでの作業を反対にしてパーツを取り付ければ
大丈夫でしょう。



Voumio2 にスイッチを付けた安易な便利なミュージックサーバー

先日購入した raspberry pi zero w は、volumio2 を使った で音楽サーバーとして楽しむことが増えました。どうせならとあり合わせのものを使ってスピーカー内蔵させた一つの箱ものを作ってみました。 「スピーカーを内蔵させた安易な箱入れ」「コードは使...