このブログを検索

2012/09/20

結局ノートPCが欲しくなったけど





iPhone や iPad などタブレット端末を使いたいなと思いキーボードを買ったのが昨日。何を基準に選んだのか参考になればと思いました。

色々なタイプのキーボードがありますが、
・使いやすさ(打ちやすさ)
・携帯の便利さ
・そして値段
そのうちどれを優先させるのか?
によって選ぶキーボードが決まるのではないでしょうか

ざっくり今打っているキーボードのポイントをまとめると
・ノートPC位の大きさのキーボード・・使いやすさ
・小さいキーボード ・・・・・・・・・携帯の便利さ
・折りたたみ式のキーボード ・・・・・使いやすさと携帯の便利さを兼ね備える


私の場合、
携帯の便利さ>値段>使いやすさ
を基準としました。

で、先日購入したキーボード e6300 の使い心地などを。
まずはキーボードの大きさが小さく、やはり打ちにくいところがあります。特に Return キーを中心として、右手側のキーが小さくよく余計なキーを押してしまいます。また、これは英語配列のキーボードのためですが記号類の配置が異なります。
そのため、今のところは iphone  のキーボードの方が、早く打ち込める状況です。
自分は持ち歩き安さを第一に考えたので慣れるしかないかなと思います。

いつものキーボードと変わらない打ちやすさを重視する場合にはこのキーボードは適さないです。

ただ、このサイズのキーボードにしてはめずらしく(多分)ファンクションキーがあるので音楽の再生やボリューム操作がリモコンでできます。
また、このキーボード、箱や説明書には対応と書いていませんが、もちろん自分の使っている初代 iPad にも使えます。

でもここまで無理して使うならノートの mac 買った方が、、、とも思ってきました

0 件のコメント:

SERGEのモジュラーシンセ(の一つのモジュール)をついに手にしました

ようやく暖かくなってきたこの頃、なかなかできなかった部屋のお方付けが少しずつ進んで来たので、モジュラーシンセを広げるスペースができました。 数ヶ月ぶりに楽しんでいるモジュラーシンセですが、今回は新たなモジュラーシンセ「Eurorack SERGE Triple+ Wave...